わんずぺ~すの志と夢

<殺処分0(ゼロ)を目指して>

日本では毎年、年間11万頭以上の犬猫が「ガス室」で殺処分されています。
大変な苦しみで悶絶し、絶命するまで時間がかかる処分方法です。
(コストの問題から、安楽死処分をしている自治体は極めて少ない)
川や海、山に捨てられたり、虐待されたりと、人知れず命を落としている
犬猫たちを合わせると、更に多くなります。
この状況は何十年と変わらず続いています。

人を愛し、助け、癒し、多くの喜びと幸せを与えてくれる
コンパニオンアニマルたちの命を、「ゴミ」のように扱う国、
その子にとって「たった一つの命」を「物」として扱い、あるいは
「商品」として量産、消費し、いらなくなったら捨てる、殺すという、命を軽んじる国、
この恥ずべき事実にいつまでも鈍感でいられる国、
それが…経済大国・日本です。
この事実あって、私たちは子どもたちに、次世代に
どう「命の尊厳」を教え、伝えることができるのでしょうか。

命を軽んじるサイクルは、決して一部の悪質な人々だけに起因しているのではなく、
流行として犬猫をファッションの一部のように「嗜好」する傾向や、
この問題に無関心でいることが、それに加担する大きな原因の一つとなっていることを、
私たちは認識しなければなりません。

「わんずぺ~す」は、弱い立場の、物言えぬ生きものの代弁者として、
命を粗末にするこの国のあり方を社会問題として問い続け、
少しでも動物福祉に手厚い国・「命を尊ぶ社会」へと転換していけるよう、様々な方々と手をつなぎ、
協力して活動を行なっていきます。
しかし…残念ながら、現在「わんずぺ~す」は、様々な点で厳しい状況にあり、
ドイツの整備されたシェルター「ティアハイム」を目標としながらも、足踏みを続けています。
今後は一歩でも前へ進めるよう、皆様のお力をお借りしながら、
日本ならではのシェルターの在り方を模索していきます。

<保護活動を安定した「職」とするために>

動物福祉先進国にあっても、保護活動がなくなることはありません。
欧米では、活動に携わるスタッフの給与が十分に支払われ、
「職」として認められ、それぞれが専門的な仕事に集中・専念できます。
欧米諸国は、信仰に根ざした寄付文化が定着しているため、
日本とはケタ違いの寄付金によって、保護活動は継続的・安定的に支えられています。
かたや日本の保護活動の多くは、身を削るものです。
「わんずぺ~す」もまた、例外ではありません。

真に動物を愛する人たちが健全な良心をもって、
このままではいけないと、義憤を抱えて「わんずぺ~す」に集まってきます。
「わんずぺ~す」スタッフも安い謝礼でシェルターを支えてくれています。
その有志を、残念ながら一人とて「わんずぺ~す」では、正規雇用することができません。
活動を続けるために必要な、有能な人材を保持し、育てることができないのが
今の日本の保護活動であり、多くの団体の実情でもあります。

継続的に人が働き続けることができなければ、大きな仕事は成しえません。
身を削るやり方は当然、長続きしません。
生活が保障されない仕事を若者が継承するのは困難です。
多くの優秀な人材がこの仕事に従事し、集中して活動ができるようになってこそ、
充実し、発展し、より多くの未来の動物たちを救う可能性が開けるのです。

活動に携わる優秀な人材を確保するため、そして、次世代の人たちが動物の命を守る仕事として、
誇りをもって選択できる「職業」とするため、専門性を高めながら、動物保護活動の価値を
社会が認め・支える意識改革も必要です。

活動に従事する人たちの雇用の安定を目指すことも、
「わんずぺ~す」の課題として掲げています。
人なくして、動物の保護はありえないのですから。

<保護活動に対する社会の意識改革>

シェルターを「職場」として成り立たせるためには、
社会の認識も変える必要があります。

●保護活動は、動物好きが暇でやっていることだからタダ働きは当然だ
●保護犬の世話でお金をもらうなんて、やましい行為だ
(無償で働く人のみがやるべきだ)
●捨て犬をもらってやるんだから譲渡費は安くて当然だ
●保護活動のためと称して物(チャリティーグッズ)を売ったりといった、
商売行為をすべきでない。寄付だけで活動を行なうべきだ。

注)商売とチャリティー事業はまったく趣旨が異なります。
活動を維持・発展させるために欠かせない方法のひとつであり、
盲導犬協会やユニセフなど、多くの福祉団体が資金を集めるために行なっていることでもあります。
そもそも寄付だけで成り立つのなら、無論、大変手間のかかる仕事を増やす必要はありません。
他の収入源となることをやらざるをえないほど、保護活動には経費がかかるものです。
資金が集まるほど多くの命を救えることになるのです。

日本には、まだまだこういった無理解の人たちが多く、
それもまた日本のシェルターや保護団体が発展せず、疲弊する原因ともなっています。

「わんずぺ~す」は、里親を希望される方に相応の譲渡費をお願いします。
家族として迎える「その子」については、里親さんが責任をもって、費用を負担すべきと思っています。
むろん、譲渡費はどの子も一定として、それ以上はシェルター負担となっていますが、
「安いから」を理由に、犬をもらおうとするのでなしに、
「幸せにしたい、家族として共に幸せになりたい」という気持ちで、
保護犬を受けれていただきたいと心から願っています。

<シングルも高齢者も動物と共に暮らせるシステムづくり>

愛する動物のいる生活は楽しく豊かで、生きがいや心の支えともなる素晴らしいものです。
シングル化、高齢化が進む日本において、生活のパートナーとしての動物の存在は
欠かせないものとなっています。

「フルタイムで働いているから動物が飼えない」ではなく、
「フルタイムでもパートナーと暮らせる」システムを、
「もう年だから動物が飼えない」のではなく、
「年をとっても、可能な限り一緒に」というサポートを安心と共に提供していくことができたらと考えます。

「殺処分ゼロ」となることは理想です。
しかし、それを実現するには、様々なハードルがあります。
シェルターを増やせば解決することではなく、法整備や人々の意識改革、
愛犬と暮らすことを諦めずにいられるサポートサービス等が必要となります。
「わんずぺ~す」は、保護犬と共に暮らす人、暮らしたい人のために、
将来的には住居とサービスの提供を目指していきます。

未来を見据えた、保護動物にも人にも優しい、
シェルターの機能を活かした事業として、いつか実現できるよう…夢と目標に掲げています。
みなさん、是非、応援してください!!